AQUOS ZETA

AQUOS ZETA (SH-01G) 伝言メモを設定して留守番電話にする

ドコモの留守電サービスを契約すれば、電源を切っているときや電波圏外のときも留守番応答や伝言の録音ができますが、別途サービス料金がかかってしまいます。

AQUOS ZETA の伝言メモ機能を使用すれば、留守番電話の機能が実現できます。

ただし、留守番応答できるのは着信が受け取れる状態のときだけなので、電源を切っていたり電波圏外のときは応答できません。

伝言メモ機能は以下の手順で設定できます。

  • ホーム画面で受話器のアイコンをタップします
  • メニュー 三 ボタンをタップします
  • 「通話設定」をタップします
  • 「音声・伝言メモ」をタップします
  • 「伝言メモ設定」「応答メッセージ設定」「応答時間設定」で値を設定します

以上で伝言メモが設定できます。

保存できる伝言メモは 10件で、未再生の伝言メモが 10件たまるとそれ以上は録音されなくなりますので、こまめに再生するか削除しておきましょう。

伝言メモが 10件以上あり、再生済みのものがある場合に、新たな伝言メモを保存する場合は古い再生済みの伝言メモから削除されていきます。