Apple Watch のディスプレイについて

広告

Apple Watch のタッチスクリーンは、触れたか触れていないかだけでなく、どのぐらい強く触れているかを判別することができるようになっています。
これがあると何がうれしいかというと、通常の力のタップだと通常のタップ操作を行い、強い力のタップだとオプションやメニューを表示する、というような同じタップ動作でも挙動を変えることができます。
例えば、マップアプリで場所を検索したい場合や、メッセージアプリケーションで返信オプションを表示したい場合などは画面を強く押してみると選択肢が出てくるようになっています。

iPhone に比べると本体が小型なので、インターフェイス部分にいろいろな工夫がなされているようです。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>